学科/専攻紹介 ABOUT CHEMSYS

教員インタビュー 大久保 達也 教授

教員インタビュー 大久保 達也 教授

サイエンスとテクノロジーの交差点から未来を拓く

 我々の主たる研究の対象はゼオライト。シリコン、アルミニウムと酸素から構成され、その構造の中に分子サイズの空間を内包する一群の結晶材料です。そのユニークな構造に由来する特性をいかして、触媒や吸着材料、イオン交換材料として、既に我々の日常生活を支えている、現代社会には欠かせない材料です。最近では、自動車排ガスの除去や環境中に放出されてしまった放射性物質の回収、バイオマスからの有用物質の生産など、新たな応用対象が次々と見出されてきている、古くて新しい材料です。我々はこれらの材料を合成する仕組みを解明するとともに、新しい合成法や製造法の開発ならびにその実社会での応用に関して世界を牽引してきました。研究室の成果の一部をもとにベンチャー企業も立ち上がり、研究成果の社会還元も具体的に目に見えるところに来ています。


 我々の研究分野は、最先端の材料に関するサイエンスとそのエネルギーや環境分野への応用(テクノロジー)との交差点に位置しています。研究成果は化学・材料分野の世界のトップジャーナルに発表しながら、社会での実用化のための研究も同時に進めています。学生時代に化学工学(化学システム工学のコア分野の一つ)を専門に選び、徹底的に鍛えられたことが、今日このような研究活動ができる背景であると考えています。日本ではあまり知られていませんが、化学工学(Chemical Engineering) はもっとも創造的な工学分野であると認知されています。基礎科学の精緻さに興味を持つ学生も、社会のダイナミズムに興味を持つ学生も、化学システム工学の中で自分が活躍できる分野を見つけられると思います。我々の学科はobserver ではなく、player となる学生を社会に輩出したいと考えています。そのためには一生の基盤となる学問体系を学生時代にきちんと身につけてもらうことを重視しています。


 私は学科や研究室での研究と教育に加えて、大学の管理、運営に関する任務も担っています。そのため国内外の様々な学生と接する機会が多いのではないかと思います。東大に入ってくる学生には世界的に見ても非常に多くのチャンスがあることを実感しています。そのチャンスをいかして、様々なチャレンジを試みている学生に会うたびに非常に頼もしく思っています。一方で、大学に入ったにも関わらず、高校の延長のまま卒業をしていく学生も少なくないことを惜しいなぁと思っています。


 研究室の内外で様々な学生のチャレンジを支援していきたいと考えています。

 

PLOFILE

大久保 達也 教授

1988年東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻博士課程修了、工学博士。

同年九州大学工学部応用化学科助手。

1991年東京大学工学部総合試験所助手。

(1993-1994年 California Institute of Technology, Visiting Associate)

1994年東京大学工学部化学システム工学科助手。

1994年同講師。

1995年東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻講師。

1997年同助教授。

2006年より現職。

2017-2020年工学部長・大学院工学系研究科長。

2020年より理事・副学長。

ナノ材料の開発とそのエネルギー、環境関連分野への応用が専門。

美味しい肴とともに楽しくお酒を飲むこと、旅に出ることが趣味。