科目の位置づけ

カリキュラム | 時間割 | 企業実習 | 科目の位置づけ | 学習体系 | 開講科目と科目選択の例

 
学問領域による分類

Ⅰ. 反応システム工学領域

Ⅱ. 材料システム工学領域 Ⅲ. プロセスシステムデザイン領域 Ⅳ.グローバルサステナビリティ工学領域 Ⅴ.化学システムマネジメント領域
学習・教育手法による分類

①掘下げ型専門領域
<基盤科目>

・反応システム工学Ⅰ
(計算物理化学)
・反応システム工学Ⅱ
(複合反応解析)
・材料システム工学Ⅰ
(ナノ材料工学)
  ・ (エネルギー系科目を予定)  
②横展開型専門領域
<基盤科目>

・反応システム工学Ⅲ(不均一構造形成) ・材料システム工学Ⅱ
(デバイスシステム設計)
・プロダクトデザイン
・プロセスシステムデベロップメント
  化学システムマネジメント
・ (触媒工学・・・・学部/大学院 共通科目)
③最先端トピックス知識
<基盤科目>

・触媒反応工学特論 ・化学情報学特論 ・安全・環境化学 
・医療社会システム工学 ・生体システム工学   ・宇宙推進燃料工学
④体験型
(問題解決型)学習
<基盤科目>
・化学システム設計特論(演習)
・サステナビリティ設計特論(演習)
・プラクティススクール
・(新)インターンシップ
⑤修士論文研究
<基盤科目>
・化学システム工学特別実験第1
・化学システム工学特別実験第2

ページトップへ