化シスの教育の特徴

化学システム工学科/専攻は、持続可能な環境調和型アメニティ社会への貢献を目指しています。分子から地球に至る各レベルでの化学現象の解析・制御と、それら構成要素のシステム化・設計に重点を置き、アナリシスとシンセシスという相補的思考方法を身につけた、化学技術者、研究者の育成を行っています。

学部教育は、講義、演習、実験、卒論からなり、特に、輪講やグループ研究による学生参加型講義、講義と組み合わせた演習、余裕のある学生実験、学生の自主的取組を促す卒論を重視しています。カリキュラムの内容は、物理化学・量子化学・化学反応論・有機化学・無機化学などの基礎化学、化学工学・反応工学・プロセスシステム工学・環境システム工学などの化学システム工学基礎からなります。

大学院教育としては研究を最も重視し、学生が広く指導を仰げるよう主査・専任副査制度を取り入れ、ある意味研究室の壁を取り払った研究指導を実施しています。また、学部教育と実践的研究の橋渡しをすべく、掘り下げ型高度基礎知識教育を反応システム工学および材料システム工学の講義により、横展開型高度基礎知識教育を環境システム工学およびエネルギーシステム工学の体系の講義により進めています。企業人講師の依頼、国内外の企業でのインターンシップ、プラクティススクールを導入し、課題解決・体験型学習にも重点を置いています。

実習先の研究所の前で制服もすっかり馴染んだ様子の学生

ゼミの様子

海外インターンシップが行われるドイツのBASF本社(Photo: BASF)

実験の様子

ページトップへ