研究室 LABORATORY

HOME > 教員・研究室一覧 > 非公開: 研究室一覧 > 船津・小寺研究室

船津・小寺研究室

  • 教授:船津公人
  • 准教授:小寺正明
  • 助教:田中健一

研究室Webサイト

何を研究しているの?

船津研究室は、情報科学的な手法を用いて化学の様々な問題の解決を目指すケモインフォマティクスの研究室です。材料設計・医薬品等の分子設計・有機化合物の合成経路設計・プロセス制御・様々な物性および活性の予測などを対象とした研究を行っています。

もっと詳しく ケモインフォマティクス

世の中には大量の化学データがありますが、必ずしも有効に利用されているとは言えません。ケモインフォマティクスの目的は、このようなデータに対して情報科学的な手法を適用し、問題解決のための有益な知識を得ることです。本研究室では、上に挙げた分野を主な対象として、ケモインフォマティクスの新たな手法の開発とその応用を行っています。ミクロレベルで機能性分子や新規医薬品等の分子設計・合成経路設計などを研究する一方で、比較的マクロな視点から高機能材料設計のための物性推算法と逆解析手法の開発を行い、さらに視野を広げて化学プラントの安定かつ効率的な運転管理を目指したソフトセンサー手法・反応器の最適設計などの研究を実施しています。このように化学システム全体の俯瞰を目指した新しい研究領域に挑戦しています。

船津研究室