研究室 LABORATORY

HOME > 教員・研究室一覧 > 非公開: 研究室一覧 > 伊藤研究室

伊藤研究室

  • 准教授:伊藤大知
  • 助教:太田誠一

研究室Webサイト

何を研究しているの?

伊藤研究室は、新たな医療技術を開拓するために重要な、新規バイオマテリアルの開発と物性の探求、応用研究を行っています。化学工学と高分子化学を基盤に、ドラッグデリバリーや再生医療分野において、様々な疾患に対して具体的な医療デバイスを構築・提案していくことを目指しています。

もっと詳しく バイオマテリアル

医用工学において、医学や薬学の進歩と融合する形で、実際に生体内で用いることができる材料であるバイオマテリアルがますます重要になっています。バイオマテリアルは、生分解吸収性高分子であるポリ乳酸やポリエチレングリコールなどの合成高分子や、生体由来高分子である多糖類、ペプチドなどが良く知られています。これらをベースに分子認識性、光応答性など様々な機能性を分子レベルで付与する、あるいはハイドロゲル化、微粒子化などにより高次構造を制御し、医学的検討を加えながら、具体的なデイバスにつなげていきます。具体的には、①ヒアルロン酸、キトサン、樹状高分子を用いたinjectableゲルの開発、②胃がんの腹膜播種や腹膜癒着防止材料の開発(附属病院との共同研究)、③再生医療のための人工酸素運搬体や細胞封入マイクロカプセルの研究を行っています。

伊藤研究室