研究室 LABORATORY

HOME > 教員・研究室一覧 > 非公開: 研究室一覧 > Oyama・菊地研究室

Oyama・菊地研究室

  • 教授:S. Ted Oyama
  • 准教授:菊地隆司
  • 助教:小林靖和
  • 特任助教:多田昌平

研究室Webサイト

何を研究しているの?

Oyama・菊地研究室は、エネルギー変換材料とシステムに関する研究を行っている研究室です。無機薄膜、貴金属や複合酸化物を用いた材料を主な研究対象とし、水素・二酸化炭素等のガス分離膜、膜反応器、高温型や中温型燃料電池・水素製造触媒・環境浄化触媒などに展開しています。

もっと詳しく 膜による分離システム

石油や石炭、バイオマスといったエネルギー資源を、電気や水素などに高効率に変換することは、資源の有効利用やCO2排出量の低減といった観点から重要です。燃料電池は燃料を電気エネルギーに直接変換できるため、従来の発電システムにおける損失を大きく低減できます。なかでも固体酸化物形燃料電池は、1000℃程度の高温で作動するため、燃料を直接導入し発電することが可能で、発電効率の向上が期待されます。本研究室では、多様な燃料で発電可能な電極の設計、電極の活性化および劣化の機構の解明と劣化の抑制といった課題に取り組んでいます。また、燃料電池を中核とするエネルギー変換には、燃料変換プロセス、水素製造プロセス、排熱回収プロセスといった要素の統合が必要で、そのためのシステム設計にも取り組み、高効率なエネルギー変換システムの提案を行っていきます。

Oyama・菊地研究室