研究室 LABORATORY

HOME > 教員・研究室一覧 > 非公開: 研究室一覧 > 酒井研究室

酒井研究室

  • 教授:酒井康行
  • 助教:小森喜久夫
  • 特任助教:篠原満利恵

研究室Webサイト

何を研究しているの?

酒井研究室では、幹細胞・臓器前駆細胞を、培養工学・組織工学的手法により生体外で培養し、再生医療や薬・化学物質評価のための細胞アッセイへと役立てるための研究を行っています。具体的には、肝や膵島・肺・腸管といった臓器について、大量増幅・分化成熟化、移植用組織への組織化や細胞アッセイのためデバイス化・システム化などを行っています。

もっと詳しく 臓器・生体システム工学

幹細胞を用いた再生医療のための大量培養では、酸素や栄養素・増殖因子等の供給と細胞の高密度化を通じたコスト削減が喫緊の課題です。また、取得した臓器細胞を、物質交換に配慮しつつ、高密度で階層的・三次元的に組織化して移植用臓器を構築する必要があります。一方、細胞アッセイにおいては、より生体に近い応答を示す培養組織・臓器モデルの開発と数理モデル等他の手段を融合活用することで、動物を使用せずにヒト影響の予測をすることが世界的にも強く求められています。
これらの課題解決のために、物質の輸送や反応の定量的記述と制御とを可能とする化学システム工学に強固な基礎を置きつつも、ヒト幹・臓器前駆細胞の増殖分化・成熟化制御等に関する最新の理学・生物学的知見、微細造形・マテリアルなどに関する最新の工学的技術、疾患や治療時の人体代謝およびその応答変化等に関する医学・薬学的知見と技術等を、多様な共同研究をも通じ、目的意識的にバランスよく融合活用することを信条として研究を進めています。

酒井研究室