土橋研究室

教授:土橋律

何を研究しているの?

土橋研究室では、安全工学や燃焼学の研究を行っています。安全・安心な社会の構築のために、火災・爆発などの災害現象を科学的に解明することを目指しています。

もっと詳しく 安全・安心な社会のために

私たちの周りには、エネルギー源としての可燃性の燃料(石油、LPガス、水素など)を始め可燃性の原料(溶剤、粉体など)、衣類、建築材料など多くの可燃性物質が存在します。これらの可燃性物質は、火災・爆発災害の原因になります。安全・安心な社会の構築のためには、このようなリスクを科学的知見に基づいて本質的に低減することが必要です。
そこで本研究室では、火災・爆発などの災害現象を燃焼学的見地から科学的に解明する研究を行っています。ガス爆発、粉じん爆発、衣類火災、石油タンク火災などの災害現象を科学的に解明するとともに、的確な災害防止・被害低減手法および被害予測(リスクアセスメント)手法の開発を行っています。また、このような現象解明に役立つ燃焼現象の基礎的研究も行っています。

ページトップへ