堂免・嶺岸研究室

教授:堂免一成 准教授:嶺岸耕 特任准教授:片山正士 助教:久富隆史 技術職員:加古陽子

何を研究しているの?

堂免・嶺岸研究室では触媒に関する研究を行っています。原子・分子レベルでの基礎的な解析から、水分解のための新しい光触媒の開発、反応システムの構築まで幅広く取り組んでいます。

もっと詳しく 新規触媒の開発とその応用

触媒とは、化学反応の速度を速める物質のことです。より高機能な触媒を開発することは、環境・エネルギー問題の解決においても大きな役割を果たすと期待されています。
本研究室では、光エネルギーを化学エネルギーに変換することを目的とした光触媒を中心に、高い機能を持った新しい触媒の開発を行っています。太陽光と水のみから水素を作ることができれば、真にクリーンで再生可能なエネルギー源となります。そのような人工光合成型反応を実現するための光触媒システムの開発を目指しています。
また、効率的な触媒システムの構築には触媒の詳細な解析が不可欠です。各種分光法や放射光を用いた種々の解析手法を用いて世界の最先端を行く触媒の反応機構を明らかにしています。

ページトップへ