化シスについて

中尾研究室

教授:中尾真一 助教:赤松憲樹 技術職員:菅原孝

何を研究しているの?

中尾研究室では、膜を使った分離について研究しています。様々な物質を効率的に分離するための膜の開発と、それらの応用を行っています。

もっと詳しく 膜による分離システム

膜とは、高分子やセラミックスを素材とした数ミクロン~数百ミクロンの薄い層で、数ミクロンの孔が開いているものから、気体分子と同じ大きさの数オングストロームの孔が開いているものまで様々です。本研究室では、このような膜の開発や、エネルギー消費が少なく環境に優しい、膜を使った分離システムの設計と開発を行っていま す。
研究室で開発したシリカ素材の水素分離膜は世界最高の性能で、来るべき水素エネルギー社会の水素製造プロセスへの応用を進めています。また、水処理も分離膜の重要な応用分野です。研究室では水道浄水処理、下廃水処理への膜の応用も進めています。


ページトップへ