大久保・脇原研究室

教授:大久保達也 准教授:脇原徹 特任准教授:菊池康紀 助教:W. Chaikittisilp 特任助教:伊與木健太 
特任助教:下野僚子

何を研究しているの?

大久保・脇原研究室は、環境・エネルギーなどの分野で中心的な役割が期待されるナノ材料の合成と応用を行っている研究室です。ナノ空間材料を主な研究対象とし、触媒、吸着剤、分離膜や各種デバイスなどに展開しています。また、無機有機ナノハイブリッド材料やバイオマテリアルの創製にも力を注いでいます。

もっと詳しく ナノ材料の創製と応用

ナノテクノロジーはこれからの持続的な社会を実現するためのキーテクノロジーです。ナノテクノロジーがその役割を果たすためには、ナノ材料を自由自在に創製し、応用するための新しい科学と技術の確立が不可欠です。ゼオライトやメソポーラスシリカをはじめとするナノサイズの空間を持つ無機材料は、高度に設計された反応場、貯蔵場、集積場としての利用が期待されています。また、新規機能性材料の創製へ向け、無機物と有機物がナノレベルで複合化されたハイブリッド材料や、生体分子を利用したバイオマテリアルの合成も重要なテーマです。化学をベースに原子・分子制御によるボトムアップアプローチとマクロの世界からのトップダウンアプローチを融合することで新しい科学と技術を創出していきたいと考えています。

ページトップへ