専攻からのメッセージ

化学とシステム的思考の融合~化学システム工学専攻

化学システム工学専攻では、化学に対する広範な知識をベースに、現実の問題に正面からシステマチックにアプローチし、化学と社会と密接な関係を築く研究を行うことができます。

化学システム工学専攻で育成される人材とは

現在人類は多くの難問に直面しています。環境問題・エネルギー問題・資源問題・安全性の問題などです。
これらの問題に真剣に取り組み、解決策を見出すためには、化学の高度の知識を持つだけではなく、社会の状況をシステマチックにとらえ、適切に応用していくことが大切です。
そのためには、象牙の塔にこもる研究者ではなく、さまざまな情報に通じた、ジェネラリストであり、スペシャリストである新しい形の科学者の姿が求められます。
化学システム工学専攻は、どんな課題にも、中心的に取り組める人材を育成することを目的としています。

化学システム工学専攻の特徴

化学システム工学専攻の特徴は、単に面白いからという理由で分子や物質を合成するのではなく、ある目的・機能をもった材料を開発し、さらにそれをどのように応用すれば、社会的なニーズに応える事ができるかを、常に念頭において研究を行っているという点です。そのため、企業からの産学連携の申し込みも多く、学生達も積極的に研究とむきあっています。

目的指向で研究

化学システム工学専攻は、非常に基本的な原理を追究している研究室から、社会における物質循環や安全性の問題に取り組んでいる研究室まで多岐にわたっています。
そしてどの研究室においても、現実の問題にどのように取り組み、解決していくかという明確な視点をもって研究を進めています。
研究が社会的ニーズに応えることになるのです。化学を志す学究にとって、最も理想的な専攻と言えるのではないでしょうか。

ページトップへ