メディア掲載情報

■ 2020年に向けて急加速 リチウムイオン電池が次世代に 2014.9.29 日経エレクトロニクス 山田淳夫 教授
山田裕貴 助教
■ 風力や太陽光の出力変動を補える新型リチウムイオン電池 2014.8.7 Newton(ニュートン)8月号 山田淳夫 教授
山田裕貴 助教
■ 東大、ナトリウムイオン電池向け新物質を発見ーレアメタル使用ゼロに 2014.7.27 マイナビニュース 山田淳夫 教授
■ ビッグデータ活用プロ始動 医薬研究・製造を効率化(詳細はこちら 2014.1.20 化学工業日報 船津公人 教授
■ 革新機構、東大ベンチャーに出資 排ガス処理材量産支援(詳細はこちら 2013.8.31 日本経済新聞 大久保達也 教授
■ 夢ではない「光合成」 2013.8.10 東京新聞 堂免一成 教授
■ 東大、光触媒の表面処理で水分解反応4倍に-水素生成効率化に道 2012.12.20 日刊工業新聞 堂免一成 教授
久富隆史 助教
■ 高速道、車内の空気汚染に注意 外気導入、排ガスが影響 2012.1.11 朝日新聞 戸野倉賢一 教授
■ 光合成をまね「太陽光資源」 水素や化学原料を製造 2012.1.8 日本経済新聞 堂免一成 教授
久保田純 准教授
■ 東大など、CNT使ったリチウムイオン電池向け正極材を開発 2011.12.28 朝日新聞
日刊工業新聞
山田淳夫 教授
野田優 准教授
山田裕貴 助教
■ レアメタル不要 リチウム電池 ナノチューブ使う 東大など試作 2011.12.9 日経産業新聞 山田淳夫 教授
野田優 准教授
山田裕貴 助教
■ 発生源別のCO2濃度計測装置 レーザー活用、移動も可能
 東大現場で連続観測
2011.11.2 日経産業新聞 戸野倉賢一 教授
■ 実体世に示す 2011.8.10 日刊工業新聞 山田淳夫 教授
■ 既存ノウハウ生かし「リチウムイオン」も進化 海外勢、低コスト推進 2011.1.17 日本経済新聞 山田淳夫 教授
■ 水素、人工光合成で生産 2010.11.1 日本経済新聞 堂免一成 教授
■ リチウム電池新電極材料を発見 2010.10.4 日刊工業新聞、化学工業日報 山田淳夫 教授
■ シリコン系LIB負極材 体積変化を大幅緩和 東大、PVDを工夫し実現 2010.04.26 化学工業日報 野田優 准教授
■ ナノチューブ、太さ3倍に 2010.04.19 日経産業新聞 野田優 准教授
長谷川馨 君
■ 単層CNT量産 低コスト化へ開発競う 2009.07.23 日刊工業新聞 野田優 准教授
■ 単層CNT合成 東大が新技術 2009.07.13 日刊工業新聞 野田優 准教授
■ 大学発国産ソフト機能充実 2009.06.25 化学工業日報 船津公人 教授
■ テロ防止および事後対応システム構築に
望まれる姿 (01, 02, 03, 04, 05, 06)
2008.09.25 セキュリティ産業 船津公人 教授
■ コンクリ廃材でリン回収 2008.09.17 日経産業 柳沢幸雄 教授
■ 国立大に広報の「プロ」 2008.06.16 朝日 大久保達也 教授
■ 水素発生装置を小型化 2008.06.02 日経産業 中尾真一 教授
■ 爆発物検出システムにおける統合化モデルの構築 2008.05.10 セキュリティ産業 船津公人 教授
■ 「越境汚染」を観測黄砂から原因物質検出
■ 大気中微小粒子を1粒ずつ分析する計測器の開発
2008.05.09
2008.05
日経産業
JSTニュース
戸野倉賢一 准教授
■ 素材もリサイクルも違う
  ペットボトルの識別表示マーク
  ペットボトルリサイクルの現状を考えてみる
2008.05.07 BPnet
(日経BP社)
平尾雅彦 教授
■ 黄砂に汚染物質付着
■ 東京で3月観測 黄砂に汚染物質
2008.04.01 日本経済
毎日
戸野倉賢一 准教授
■ アスベスト問題の波紋 2008.01.31 環境 柳沢幸雄 教授
■ シックハウス対策はまだ不十分
(01, 02, 03, 04)
2008.01.08 エコノミスト 柳沢幸雄 教授
■ 可搬型ガス計測装置 ppbレベル濃度検出 2007.09.13 日刊工業 戸野倉賢一 准教授
■ 母胎に近い培養装置 2007.08.01 日本経済 酒井康行 准教授
■ ケムインフォナビ
  独自手法で分子設計を支援
2007.06.28 化学工業日報 船津公人 教授
■ 産総研開発のCNT高速成長法
  東大が再現に成功
2007.06.21 日刊工業 山口由岐夫 教授
野田優 准教授
■ 最適な触媒量割り出す 2007.05.31 日経産業 野田優 助教
■ 単結晶薄膜シリコンを効率生産 2007.05.21 日経産業

野田優 助教

■ 廃コンクリ建設材に 2007.05.01 日経産業

柳沢幸雄 教授

■ 取水口の貝 資源に活用 2007.04.11 日経産業

柳沢幸雄 教授

■ ガス計測 10億分の1レベルで 2007.03.08 日経産業

戸野倉賢一 助教授

■ 有機合成経路設計支援ソフト
3ステップ一気に探索
2007.02.28 化学工業日報

船津公人 教授

■ ベンゼン基準の2.6倍 2007.02.07 毎日

柳沢幸雄 教授

■ 動物実験代替 2007.01.29 日刊工業 酒井康行 助教授
■ 有害物質 母から子供に

2006.12.26

Yomiuri Online

吉永淳 助教授

■ 積層造形で足場材料
東大、肝臓再生に応用

2006.09.20

日刊工業

酒井康行 助教授

■ ナノサイズのシリカ粒子
規則的な配列可能に
2006.09.05 日経産業

大久保達也 教授

■ 血管の網目構造再現

2006.09.20

日経産業

酒井康行 助教授

■ ナノサイズの穴 炭素を接着 2006.08.30 日経産業

大久保達也 教授

■ 受精卵育てる新装置 2006.06.16 日本経済

酒井康行 助教授

■ バイオマス総合戦略 見直し作業本格化 2005.05.27 化学工業日報

迫田章義 教授

■ 室内環境を汚染する物質を減らす 2005.05.27 日本経済

柳沢幸雄 教授

■ 人工肝臓用材料 東大、小型化にメド 2005.02.02  日経産業 酒井康行 助教授
■ バイオディーゼル燃料 廃植物油生かす 2005.01.12    迫田章義 教授
■ 細胞を効率付着
人工臓器材のポリ乳酸に
2004.12.10    酒井康行 助教授
■ 年度内にプラント
メタンガス・肥料・土壌改良剤
2004.08.13    迫田章義 教授
■ マイクロ流体デバイス開発 2004.07.12  化学工業日報 酒井康行 助教授
■ ソフト設計知識構造化 2004.06.12   飯塚悦功 教授
■ 「バイオマスタウン」第1弾 官民プロ始動 2004.04.14    迫田章義 教授
■ 製造現場の不具合情報DB化
品質管理ソフト開発
2004.03.08   飯塚悦功 教授
■ ナノテク研究 最新情報提供 2004.02.27   小宮山宏 教授
■ 循環型社会の実現へ 2004.01.10 陸奥新報 迫田章義 教授
■ バイオマス・リファイナリー構想
具体化に向けて
2004.01.01   迫田章義 教授
■ 汚染地下水などのトリクロロエチレン
効率的にオゾン分解
2003.08.19   迫田章義 教授
■ 小規模分散型に 2003.08.15   迫田章義 教授
■ 単層カーボンナノチューブ
向きそろえて合成
2003.05.19 日経産業 大久保達也 助教授

■ 患者状態適応型パス
医師の頭脳を可視化

    飯塚悦功 教授
■ 防げ医療事故 異分野も知恵
初の学会設立へ
    飯塚悦功 教授
■ 超臨海流体の技術で廃液を処理     大島義人 教授
■ ディーゼル車の浮遊粒子状物質
東大生研が新評価法
    酒井康行 助教授
■ マイクロ派照射で透過・選択性を制御     中尾真一 教授
■ 人間社会を守る実学 環境工学の新方向     柳沢幸雄 教授
■ 蛍光現象使い情報記録     山口由岐夫 教授
■ 燃料電池MEA 白金触媒の効率アップ     山口猛央 助教授
■ 燃料電池の材料設計 モデル計算式確立     山口猛央 助教授
■ 全体を見て仕上げ     山口猛央 助教授

ページトップへ