化学・生命系研究法

化学・生命系研究法2010

本ゼミナールは、夏休みの5日間に、本郷の工学部化学・生命系三学科 (応用化学科・化学システム工学科・化学生命工学科) の研究室で最先端の研究を体験し、化学・生命系分野について理解を深めてもらうことが目的です。1テーマあたり数人のグループで参加し、研究室の教員・大学院生の指導のもとに、ショートコースの研究プログラムに従って実験・研究を行ないます。 本郷の研究現場を体験できる貴重な機会ですので、多くの方の参加を期待しています。本ゼミナールは、高度な専門知識は前提としていません。「化学」が好きな人には大変評判の良いゼミですので、1,2年生の積極的な参加を歓迎しています。

2010年度 説明会
4/7(水)18:00~ 場所:駒場5号館1階511号講義室、合同説明会
4/9(金) 6限 場所:駒場1号館119号講義室
4/15(木) 6限 場所:駒場1号館119号講義室

実施予定
平成22年8月2日(月)~8月6日(金)

実施予定詳細
(後日掲載)

受講許可のお知らせ
(後日掲載)

実施テーマ一覧
[A] レーザーでメモリ素子を作って動かそう(応用化学科・尾嶋研究室)
[B] 高温超伝導体を作って不思議な電磁現象を調べよう(応用化学科・岸尾研究室)
[C] 光で水から水素・酸素をつくる(化学システム工学科・堂免・久保田研究室)
[D] カーボンナノチューブ:極端に細長い材料の合成・観察・応用(化学システム工学科・山口・野田研究室)
[E] オープンサンドイッチイムノPCR法による各種低分子の超高感度検出(化学生命工学科・蛋白質工学研究室)
[F] 抗原に応答する人工受容体発現細胞の運動制御(化学生命工学科・長棟研究室)
[G] エナンチオマーをつくり分ける ~l-メントールとd-メントールの不斉合成~(化学生命工学科・野崎研究室)
詳しくはこちら

受講申し込み方法
受講調査票をダウンロードし、必要事項を記載のうえ電子メール, FAX, または郵送で、5/7(金)までに提出してください。 受講許可テーマは、電子メールで連絡するほか、本HPにも掲載します。(〜5/14(金)予定)

問い合わせ先
工学部化学システム工学科
下嶋 敦
shimoji[at]chemsys.t.u-tokyo.ac.jp ([at]を@に変更してから送信してください。)
TEL: 03-5841-7368, FAX:03-5800-3806

ページトップへ