公開セミナー SEMINARS

HOME > セミナー > 化学システム工学分野における最新シミュレーション

第353回化学システム工学専攻公開セミナー 化学システム工学分野における最新シミュレーション

日時
2020年1月23日(木) 15:00-16:30
場所
東京大学工学部3号館大会議室1 (6C07号室)
講演題目 化学システム工学分野における最新シミュレーション
講演者 計測エンジニアリングシステム株式会社 第一技術部 福川真
概要 化学工学における数理モデリングは、主にプラントのプロセス設計を行うために発展してきたが、近年では先端デバイス開発、医療分野、エネルギー分野など様々な先端産業分野に拡大し、デジタル革命の到来に伴ってその技術開発競争が加速している。そのため、これからの化学産業において、複数の物理および化学の原理を用いたシステム設計や既存では扱ってこなかった異分野技術の融合が求められる。このような複雑な系を理解する方法として数値シミュレーションの重要性は高まっている。そこで、本講演では有限要素法(FEM)を用いた最新の数値シミュレーションを利用した物理現象のモデリングおよび物理現象の可視化、現象理解の方法に関する実例を紹介し、これらが先端技術の研究開発における新しいプラットフォームになりうることを示す。
世話人 吉江 建一 (内線27352)