公開セミナー SEMINARS

HOME > セミナー > 機能性多孔質材料ゼオライトの合成研究に携わって ―耐久性ゼオライトの合成―

第349回化学システム工学専攻公開セミナー 機能性多孔質材料ゼオライトの合成研究に携わって ―耐久性ゼオライトの合成―

日時
2019年11月21日(木)10:30-12:00
場所
工学部3号館6階6C07室
講演題目 機能性多孔質材料ゼオライトの合成研究に携わって ―耐久性ゼオライトの合成―
講演者 佐野庸治
広島大学名誉教授・東京大学工学系研究科特任研究員
概要 分子レベルの大きさの均一なミクロ細孔を有する結晶性アルミノケイ酸塩ゼオライトは、分子ふるい作用、固体酸性、イオン交換能等を有する魅力ある機能性ナノ空間材料であり、様々な分野で用いられている。このゼオライトを機能性材料として利用していく際の最大の課題は、使用 環境下での構造・組成の安定性であり、その耐熱性/耐水熱性の向上を目的に様々な研究が行われている。本講演では、ゼオライトの脱アルミニウム挙動および耐久性ゼオライトの合成における筆者らの成果を紹介する。
世話人 大久保達也、脇原徹(内線27368)