化シスに進学を希望する皆さんへ

化学システム工学の必要性

みなさんは化学と人間の営みとの間で、どのような関係を築いていくことが望ましいと考えていますか?
豊かな生活を実現するために、化学が不可欠な要素であることは、いうまでもないでしょう。しかし同時に、化学の発展は、環境などに深刻な影響を与えてきました。このような課題に取り組むときに、対象を要素から構成されるシステムとしてとらえアプローチする化学システム工学が、大きな力を発揮します。化学システム工学を修得すれば、分子から地球に至る様々な位相の現実の課題に対して、問題解決のビジョンを示すことができるようになるのです。

化学システム工学科の育成する人材

化学システム工学科の研究室では、非常に基本的な原理を追究している研究から、社会における物質循環や安全性の問題に取り組んでいる研究まで、多岐にわたった研究に取り組んでいます。しかし、どの研究室でも、現実の問題に対して明確な視座を持ち、お互いに協力しながら研究活動を進めています。この点こそが、化学システム工学科の大きな特徴だといっていいでしょう。
化学システム工学科とは、広い視野で問題をとらえ、深い研究で、問題解決のビジョンを示すことのできるスペシャリストであり、ジェネラリストでもある人材を育成する学科なのです。

化シスの研究

化学システム工学科では、化学に対する広範な知識をベースに、環境問題・エネルギー問題・安全性の問題に正面からシステマチックにアプローチし、化学と社会との密接な関係を築く研究を行うことができます。
化学システム工学科の特徴は、単に面白いからという理由で分子や物質を合成するのではなく、ある目的・機能をもった分子・物質、材料・デバイスを開発し、さらにそれをどのように応用すれば、社会的なニーズに応えることができるかを、常に念頭において研究を行っているという点です。そのため、企業からの共同研究の申し込みも多く、学生達も積極的に研究と向き合っています。
詳細はそれぞれの分野をクリックしてください。



詳しい情報は、学科のホームページをご覧ください。

ページトップへ