学部生の学習・研究

学部教育は、講義、演習、実験、卒論からなり、特に、輪講やグループ研究による学生参加型講義、講義と組み合わせた演習、余裕のある学生実験、学生の自主的取組を促す卒論を重視しています。

カリキュラムの内容は、物理化学、量子化学、化学反応論、有機化学、無機化学などの基礎化学、化学工学、反応工学、プロセスシステム工学、環境システム工学などの化学システム工学基礎に分類でき、環境調和型化学あるいは化学技術を新しい概念で実現するための「化学システム工学」に関連したテーマで卒業研究を行います。特に成績優秀な学生には工学部長賞が授与されます。

化学が関与するミクロからグローバルまでの現象を、それぞれの構成要素のシステム化ととらえる能力を備えた学生を育てる教育体系となっています。学部卒業後はほとんどの学生が大学院修士課程へ進学します。

早期から社会との接点を持ち、学習・研究のモチベーションを上げることも大切です。学部3年生には、2~3日で企業4~5社を回る工場見学を実施しています。更に大学院では、国内外企業にて2~8週間研究活動を行う、プラクティススクール・インターンシップという化シス独自のコースを設けています(企業実習のページを参照)。

また駒場4学期と3年生については、単位の履修状況や学生生活等について各教員が数名の学生と直接相談するコンタクトグループを形成しています。

ゼミの様子

ゼミの様子

卒業論文最終発表会の様子

卒業論文最終発表会の様子

ページトップへ