大学院生の学習・研究

化学システム工学専攻は、持続可能な環境調和型アメニティ社会への貢献を目指し、分子レベルから地球規模レベルに至る化学現象の解析・制御と、各レベルでの構成要素とそのシステム化あるいは解析・設計に重点を置き、アナリシスとシンセシスという相補的思考方法を身につけた、化学技術者、研究者の育成を行っています。

大学院教育としては、研究を最も重視していますが、学部教育と化学システム工学分野における実践的研究の橋渡しとして、掘り下げ型高度基礎知識教育を目指した、反応システム工学、材料システム工学、横展開型高度基礎知識教育を目指した、環境システム工学、エネルギーシステム工学の体系を講義します。

企業人講師の依頼、国内外の企業でのインターンシップ、プラクティススクールを導入し、課題解決・体験型学習にも重点を置いています。

また学部・大学院講義の有機的相互乗り入れを行い、他大学出身者の教育にも配慮しています。

修士論文作成においては、学生が研究に関して広く指導を仰ぐことができるように、主査、専任副査制度を取り入れ、ある意味研究室の壁を取り払った研究指導を実施しています。特に優れた修士論文には工学研究科長賞また優れた修士論文発表にはベストプレゼンテーション賞が授与されます。

実験の様子

実験の様子

修士論文最終発表会の様子

修士論文最終発表会の様子

ページトップへ